h1タイトル

喘息治療のゴールは、症状がなくなり、健常人と変わらない生活をおくることです。「ぜんそくを本当にコントロールできているかどうか」を 評価することは、治療を継続するうえでとても大切なことです。

喘息コントロールテスト(Asthma Control Test)

5つの質問について該当する点数ををつけ、総合点から喘息状態を確認します。コントロールが完全な状態(トータルコントロール)、 良好な状態(ウェルコントロール)、まだまだな状態、の3段階で客観的に評価できるテストです。

Step1

各質問について該当する点数を、できる限り率直にお答えください。

1点 2点 3点 4点 5点
Q1.

この4週間に、喘息のせいで職場や家庭で思うように仕事がはかどらなかったことは時間的にどの程度ありましたか?

いつも かなり いくぶん 少し 全くない
Q2.

この4週間に、どのくらい息切れがしましたか?

1日に
2回以上
1日に1回 1週間に
3~6回
1週間に1,2回 全くない
Q3.

この4週間に、喘息の症状のせいで夜中に目覚めたり、いつもより朝早く目が覚めてしまうことがどのくらいありましたか?

1週間に
4回以上
1週間に2,3回 1週間に
1回
1,2回 全くない
Q4.

この4週間に、発作止めの吸入薬(サルブタモールなど)をどのくらい使いましたか?

1日に
3回以上
1日に
1,2回
1週間に
数回
1週間に1回以下 全くない
Q5.

この4週間に、自分自身の喘息をどの程度コントロールできたと思いますか?

全くできなかった あまりできなかった まあまあできた 十分できた 完全にできた
Step2

点数を足して、あなたの総合点をだしてください。

Step3

総合点からあなたの喘息状態を、すぐ確認しましょう。

25点
(満点)

好調です。このまま続けましょう!

あなたの喘息は完全な状態(トータルコントロール)です。全く症状がなく、喘息による日常生活への支障は全くありません。この調子で治療を続けましょう。もしこの状態に変化があるようならば、担当医師にご相談ください。

20点から
24点

順調です。あと一息

あなたの喘息は良好な状態(ウェルコントロール)ですが、完全な状態(トータルコントロール)ではありません。担当医師のアドバイスにより治療を継続し、トータルコントロールを目指しましょう。

20点
未満

まだまだです。もっとよくなります。

あなたの喘息は、コントロールされていない状態です。
あなたの喘息状態を改善するために、担当医師と治療方法をよく相談しましょう。

  • 小
  • 標準
  • 大
  • 施設検索
  • Web TV:ぜんそくを分りやすく解説する動画ライブラリ
  • 連載マンガ:イゲコンのぜんそく克服術まんが 上大岡トメ
  • 小児ぜんそく向け e-ぜんそく.comへ