アレルゲンいろいろ

監修:国立病院機構相模原病院 病院長・臨床研究センター長
秋山 一男 先生
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター 病態総合研究部長
谷口 正実 先生
第4回 チャタテムシ(昆虫)

昆虫アレルゲンの1つで日本でよくみかけるチャタテムシ。その名前の由来は?

からだがやわらかく弱々しくみえるので、昆虫であってもダニやシラミに間違われるチャタテムシ。大きさは1~1.3mmで、頭部と腹部に彫刻模様があるのが特徴です。湿気の多いところを好み、カビを餌にして生息しています。古本からみつかることが多いため、本シラミ(booklice)とも呼ばれています。日本の90%以上の一般家庭で室内塵のなかからみつかり、感作率も小児喘息患者さんで調べたところ20%以上であったという報告があります。昆虫アレルゲンのなかでももっとも多いアレルゲンの1つです。

ここで冒頭の問題の答えです。チャタテムシは漢字で書くと「茶立虫」。日本家屋の障子にとまって「サッサッサッ」と出す音が抹茶を立てる音に似ていることから名づけられたといわれています。よって、答えはその出す音からです。想像できましたか?

写真のご提供: (株)エフシージー総合研究所 環境科学研究室長 農学博士 川上裕司 先生

チャタテムシは日本のどの家庭にも生息しており、完全になくすことはほぼできません。より少なくするには、まず餌になるカビなどをへらすことです。こまめに室内を換気し、カビや結露をふせぎましょう。また床にたまったホコリや食事の食べこぼしなどをきれいにとり除くことも大切です。

【参考】
福冨友馬 他: 室内環境中のダニ・昆虫とアレルギー疾患. 室内環境 12(2), 87-96, 2009
川上裕司: 室内環境中に見られるダニ類と小昆虫類. 室内環境 10(1), 45-67, 2007
ぜんそくをおこすアレルゲンを調べるにはIgE抗体検査が行われます。 ダニのほかにもさまざまなアレルゲンがあります。自分のアレルゲンをご存じない方は検査してみてください。
詳しくは、 まずはアレルゲンをみつけるIgE抗体検査を をご覧ください。
  • 小
  • 標準
  • 大
  • 施設検索
  • Web TV:ぜんそくを分りやすく解説する動画ライブラリ
  • 連載マンガ:イゲコンのぜんそく克服術まんが 上大岡トメ
  • 小児ぜんそく向け e-ぜんそく.comへ