なぜ、ぜんそく発作をくり返すの? アレルギー性ぜんそくについて

監修:国際医療福祉大学 教授 山王病院 アレルギー内科
足立  満 先生

そもそもアレルギー反応とは

アレルギー反応とは、本来私たちの体を守るために備わっている免疫のしくみが過剰に反応してしまう現象です。

害のない物質なのに攻撃! それがアレルギー反応

解説

私たちの体にはウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに、それらをやっつけ、再び侵入してきたときに直ぐに識別して攻撃するしくみがあります。それが免疫です。
異物の侵入に対して攻撃する細胞が白血球。そのなかで異物の侵入情報をキャッチし、それらを記憶して、再び侵入してきたときにすぐさま識別し、攻撃するための武器である「抗体」をつくるのがリンパ球(T細胞とB細胞(リンパ球))です。
抗体はたんぱく質の1種で、免疫グロブリン(Immunoglobulin)と呼ばれ、英語名の頭文字をとってIg(アイジー)と略称されます。
一方、アレルギー反応は花粉やダニ・ハウスダストなど、私たちにあまり害をあたえない物質が侵入してきたにもかかわらず、それらを有害な物質と認識し、まるでウイルスや細菌を排除するかのように過剰に反応してしまう現象です。ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など多くの病気が、このアレルギー反応によって引きおこされます。
ぜんそくの治療などでよく耳にする「アレルゲン(抗原)」とは、この花粉やダニ・ハウスダストなどアレルギー反応を引きおこす物質のことです。数百種以上のアレルゲンがみつかっており、どのアレルゲンに反応するかは人によって異なります。
また、私たちがつくる抗体にはIgA、IgD、IgE、IgG、IgMの5つの種類があり、ぜんそくをおこすアレルギー反応ではIgE(アイジーイー)抗体がつくられ、症状の発現に重要な役割をはたしています。

  • 小
  • 標準
  • 大
  • 施設検索
  • Web TV:ぜんそくを分りやすく解説する動画ライブラリ
  • 連載マンガ:イゲコンのぜんそく克服術まんが 上大岡トメ
  • 小児ぜんそく向け e-ぜんそく.comへ